ACT.32 種子島へ 世界は誰かの仕事でできている

南西諸島編はじまるよ!!

2016/4/8

豚の産地なら、出荷しない部分も食べるわけで

これは

吉野町で地元の人たちだけが食べている

豚のほお肉の炒め物です。

脂がほぼないので、ラードで焼くそうです。

オーナーさんが肉をもらってきてやろうか?

と言って下さったので、ご厚意に甘えて。

もちろん料金は払っています。

私は肉の脂の美味さがいまいちわからないので

脂身の少ない肉のほうが好きです。

ライダーハウスMASU出発

大変お世話になりました。

キャリアに看板つくったら?って話

整体師と厚生労働省の話

働き方の話

鹿児島と桜島の話

宿泊業が大変だって話

たくさんの話ができました。

オーナーさんコレクションの焼酎1杯200円のおかげで

とても話がはずみました。

(お湯割りにするので、実質2杯分の安心価格)

これでお別れというのは寂しい…

しかし、これが一人旅。耐えねばならんのだ…

南西諸島へ渡る前に…準備!

谷山港の周囲をうろうろしていたら大仏を見つけました。

でかい。(小並感)

勝手な想像ですが。

南西諸島は本土から荷物を輸送して販売している訳ですから

買うものすべてが割高になる可能性があります。

補給食とカップ麺くらいは格安ドラッグストアで揃えておきます。

そして、物価だけではありません。

天気予報が安定しないんですよ…

中国地方の山陽側、晴れの国岡山の隣広島で

甘やかされて育った私には辛いものがあります。

日本海側の皆さんには怒られそうですww

だから、数十円の節約かもしれませんが

停滞に備えて補給食を多めに買い足します。

フェリー はいびすかす

使う港は鹿児島港でも、鴨池港でもありません。

さらに南の谷山港です。

鹿児島港からは観光客用のフェリーが就航しているのに対し

ここは貨物輸送をメインにした港のように見えます。

どう見ても貨物が主役で、

「ついでに君も載せてあげよう」という感じですね。

全く問題なし!

積み込み業務で働いておられる皆様。

日本一周自転車で乗りつけて申し訳ありません。

私は大人しくしてますんで、貨物のついでに種子島まで運んでもらえれば幸いです。

そんな気分。

なぜなら

運賃が安いからだ!

そう。これだよ。

椅子にずっと座っているくらいなら、

足を伸ばして寝たり、ストレッチしたい。

種子島で行われる釣りの大会にでるという

青年に会った。

釣れるといいね!雨がちだからなぁ…

趣味の為に働いているよな!

そう、意気投合して分かれる。

そして

出航。

積み込み作業終わっている訳だから、詰所に戻って休めばいい。

なのに、手を振ってくれる。

世界は誰かの仕事でできている。

一見、孤独に見えて孤独でない。

働く人と話したり、仕事ぶりに触れることはとても楽しい。

種子島 西之表港へ到着

港付近のビジネスホテルで本日は終了。

しばらくはここが拠点になるかも。

出費は痛いが、社会人らしく無理せずいこう。

  にほんブログ村に登録しています。 バナーをクリックしてもらうことで ランクが上がり、色々な人に出会うきっかけとなります。 にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA