ACT.25 九州本土最南端 佐多岬アタック

ミスター「鹿児島の…佐多岬まで!!」

O泉洋氏「なーんだーよー。聞いてないよー。」

2016/4/1

雨あがりました。

荷物を全てプラグポイントに置き、佐多岬アタック!

まあ、両側キャリアはそのまま、

フロントバッグセットはそのままなので

総重量13キロ以上あります。

なかなか重い条件です。

でもそんなことは、最南端に行ける喜びの前には霞むんだよな!

ツールド大隅のコースを進む

504号線を利用し、鹿屋市内へ。

そこからは国道269号線をひたすら南下します。

走ってみたかった!

s-IMG_1241

天気は曇天。ハーフウェット。

雨が降らなきゃいいんだ!

s-IMG_1242

根占港の横を直角に曲がり、進みます。

この根占港は、薩摩半島の指宿へフェリーが出港します。

ツーリングマップルの立地いわく、港到着後5分で温泉に入れるみたいですね。

s-IMG_1244

道の駅 ねじめ

休憩しながら進んでいきます。

キャンプ道具はありません。

必ず、今日中に鹿屋に帰らなければなりません。

s-IMG_1245

大隅路(県道68号線)

s-IMG_1246

国道が終わると、徐々に山がちになっていきます。

s-IMG_1249

ストレート、きついヘアピン、ストレートと続きます。

s-IMG_1248

海を下に見下ろすようになっていきます。

s-IMG_1307

佐多岬方向の標識はたくさんあります。

s-IMG_1309

ヽ(0w0)ノ<<迷子のプロも、迷いようがないな!>>

佐多岬ロードパーク

町道佐多岬公園線

昔は有料道路でしたが、現在は無料道路に

s-IMG_1251

北緯31度線のモニュメント

ここを境目に、植生に変化が見られます。

亜熱帯植物が多数を占める。

鹿屋市から走ってくると、違いに驚きます。

s-IMG_1255

お猿さん方

はーい。通りますよ!

そして…

s-IMG_1260

この木何の木と聞きたくなる…

この場所で自転車は終着点です。

s-IMG_1261

九州本土最南端の公衆電話

s-IMG_1302

最南端は風が強く吹いているからか、雲が流れて…

徐々に天候回復!

ちなみに、ここは工事中

s-IMG_1264

平成30年とは…少し気が長いな。

s-IMG_1265

わくわくに震えて待てってか?

徒歩パート

s-IMG_1266

相棒を連れていけないことが不満だが、仕方ない…

洞窟を越えていくと…

s-IMG_1267

洞窟の看板に貼ってあります。

最南端でもWiFiが飛んでいて、キャッチできれば

ご機嫌な解説が聞けます。

文明の利器最高!

もはや、歩道のついたジャングルです。

s-IMG_1301

女性がヒールを履いて突入すると

足関節内反捻挫が量産されるので

気をつけてください。

御崎神社

s-IMG_1297

パワースポットらしいです。

縁結びのご利益があると

s-IMG_1298

最南端地点

s-IMG_1275

到達!

上の写真曇りですよね?

s-IMG_1289

15分くらい粘れば、この通り。

風にのって雲が流れていく…

s-IMG_1285

ヘルメット有りなのは…ジャングル地帯で頭をぶつける予感がしたからです…

以下は周囲の風景です。

s-IMG_1288

もう、どこ見たって絶景!

s-IMG_1290

俺は、今!

上海、ニューデリー、ニューオーリンズ、カイロ

と同じ緯度に立っている!

s-IMG_1294

やっぱり、これがないと。到達証明書

佐多岬の証明書は

ホテル佐多岬、もしくは さたでい号待合所

にて発行してもらえます。

s-IMG_1303

さたでい号待合所

もう、曇天。

結局、晴れていたのは岬にいるときだけでした。

s-IMG_1312

人によっては、ただの紙切れかもしれんよ。

俺にとっては宝物だから!

九州本土最南端の郵便局 大泊郵便局

大泊(おおどまり)郵便局正面

s-IMG_1306

日本の突端地を回るフリークスへ朗報

ヽ(0w0)ノ<<役立つ人間が恐ろしく限られる情報だ…>>

260円分の切手を買うと、もれなくポストカードがもらえます!!

s-IMG_1314

しかも、食堂のランチセットのごとく

Aセット・Bセットあります!

しかも、ここの受付のお…お姉さま方はとても愉快な皆さんでした。

話していて楽しいひと時でした。

足跡ノートもあるので、足跡残していきましょう!

献血しながら日本一周って書いたから

探してみて!

走ってみた感想

国道269号は、豪快なシーサイドライン。

走りごたえがあります…が

調子に乗ってペースを上げると、緩ーいアップダウンの繰り返しにやられます。

気がつくと、消費カロリーがやばくなっていたりします。

その時には、周囲にコンビニなどの便利な補給ポイントはありません。

準備は万端に…

私は帰りは正直脚が売り切れてました…

佐多岬ロードパークは、

「突端地には必ず峠が待つ」の格言!?通り

勾配の急な坂を繰り返し走ることになります。

ゆっくり走って下さい。

野生生物のロードキル対策にもなります。

鹿屋市から出発すると、獲得標高も1600mほどになります。

おまけ

s-IMG_1311

帰り道にて…

フェリーで指宿に行って、温泉入って…○×時間かかって…

鹿屋まで帰るから…

うん。時間足りねえわ

今日も忙しい中、見ていただいてありがとうございました!

  にほんブログ村に登録しています。 バナーをクリックしてもらうことで ランクが上がり、色々な人に出会うきっかけとなります。 にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA