ACT.7 秋吉台カルストロード

道路の話をする時が一番ワクワクするって…

普通、日本一周っていったらほかに興奮することあるはずだろ?

これじゃあ、まるで、変な人みたいじゃないか!

2015/3/13

はい。新たな境地に目覚めつつある、たっきです。こんにちは。

小郡から秋吉台カルストロードヒルクライム、下関へ移動しています。

山口秋吉台自転車道

s-IMG_0521

なんと、山口県小郡市から秋吉台までは自転車道が整備されているのです!

標識が出ていて、これに従っていくと、秋芳洞入口の下まで迷わずに行く事ができます。

s-IMG_0523

山口特有の黄色いガードレールが印象的ですよね。

s-IMG_0524

はじめのほうは、歩道が通常より広いという感じですが…

s-IMG_0525

途中から専用のコースへ分岐していきます。

まあ、車道と並行して走る感じでしょうか。

見ればわかるのですが、きちんと整備されているとは

言えないかもしれません。

しかし、それも小郡市までです。

美祢市(みね)

s-IMG_0526

山口県は自転車乗る人少ないんかな…

なんて思ってましたが、美祢市を走ってみてびっくり。

とてもきれいです。

s-IMG_0528

美祢市に入ってからは、車道から離れ、独自コースになります。

s-IMG_0535

大自然の中を気持ちよくサイクリングできます。

ただ、コンビニはほぼなかったと思います。

補給は準備しておいてくださいね。

気持ちよく走っていると、秋芳洞のすぐ下に出ます。

s-IMG_0536

こちらが終点です。

ヒルクライム!その前に…

重さはヒルクライムにおいての強敵です。

平地ではまずまず走れても、少しでも傾斜が付くと速度が出なくなります。

そこで!

s-IMG_0545 s-IMG_0546

必要ない荷物は、しまっちゃいましょうねー。

秋芳洞のコインロッカーですが、

なんと300円日本一周分の装備でさえ収納可能です

※リアパニアバッグとリアキャリアに載せているマット類を収納しています。

俺の家は地球だ!っていうレベルの荷物を持ち歩く旅人は、

さすがに2つ使って下さい。

秋吉台カルストロード

このGPSデータは、帰り水という地点からのダウンヒルです。

カルストロードで一番標高が高い場所かと思います。

では、上っていきます。

秋芳洞から少し上った地点です。

林の間を走っていきます。

s-IMG_0547

徐々に、林ではなく、石灰岩が見えてくるようになります。

s-IMG_0598

小雨が降ったりやんだりしていました。

悲しいかな、山の天気は変わりやすい。

皆さんは、天気が良い日を狙って下さいね。

s-IMG_0601

少し、色調を変えてあります。

晴れたらこんな感じではないかと。

石灰岩ですから、晴れているほうが当然色は良いです。

s-IMG_0610

ストレートもありますよ。

路面コンディションもよいと思います。

ちなみに、これらの写真は野焼き(石灰岩周囲の掃除)後、4日だそうです。

春以降になると…

s-IMG_0623

このポスターみたいになります。

一面緑なところに、石灰岩がのぞいていて、これはこれで。

この情報は、秋芳洞のタクシーの運ちゃんから聞きましたが、

サイクリングに来られるときは、秋芳洞の事務所に状況を聞いてみるのも

良いかもしれませんね。

季節によっていろいろな顔を見せてくれる峠ですね。

…しかし。綺麗な人だ。

こんな綺麗な人にあえるなら、

俺は何度でもこの峠を上るぞォー

ヒルクライム終了後、下関市まで移動しています。

ネットカフェで一泊。

ちょっとGPSデータがわかりにくいですね。

距離103.81㎞
消費カロリー2949キロカロリー
高度上昇量961m

こんな感じです。

  にほんブログ村に登録しています。 バナーをクリックしてもらうことで ランクが上がり、色々な人に出会うきっかけとなります。 にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周(自転車)へ にほんブログ村
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA